2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

-------- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    FC2ブログランキングに参加しています。
この記事のURL  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008-06-22 (Sun)

東鉄開発日記その7 【Simutrans】



Simutrans・Pak64版の東鉄開発日記その7です。
新線開業及び路線延伸がメイン。

東都外環線開通 ※以下の画像は、クリック・拡大してご覧ください。

従来の「街を発展させる為の路線」ではなく「発展した街や既存路線同士を横に繋ぐ路線」
といった感じの新路線。大半の区間が既に市街化された所を通る上、在来路線との立体交差を行う都合上
高架・地下区間が多くなっています。

◆東都外環線・停車駅ご案内
xl64-06.png

東都外環線では快速普通の2種別体制。
普通が走っている区間では、快速の停車駅を他線との接続駅に限定する事で、速達化を図っています。
茜中央~角川間には、他線からの直通列車(準急・外環線内各駅に停車)も設定。
全36駅(内快速通過19駅)とやたら駅数が多いのは、集客範囲が被らない程度に駅を設置した結果です(汗) 
◆使用車両
普通:国鉄103系6連×18編成(最高速度100km/h)
快速:東鉄H1500形8連×12編成(最高速度120km/h)

sim64-036.png

最高速に差があるので普通車の快速待避も安定して行われています。
103系は常磐色(青緑)を使用。ただし2編成だけは色違いで、程よいアクセントになっています。

sim64-037.png

青系色の車両が殆どの中、異彩を放つ2編成。
愛称は、オレンジ編成が「東鉄オレンジトレイン」、黄色編成が「鏡音号」
ちなみにK1、K2……K17、K18という具合に、全編成に編成番号を付記してます。
深い理由はありませんが(´・ω・`)


増えるニュータウン・伸びる私鉄線

今回はMAP北側を中心に開発しました。(新設街数:8)
私鉄路線も増えてきたのでここらで整理。(太字が今回の新設区間)

京急車使用路線
東線:神葉原~桜庭~かえでヶ丘~花園
北条線:かえでヶ丘~南北条~三谷(岩原線接続駅)
横須賀線:東都中央~蒼袋~柊~北天沢~川崎~橋本~西橋本~横須賀
今泉線:西橋本~今泉中央

東都から西へ伸びる横須賀線・今泉線と、東に伸びる東線・北条線の計4路線。使用車両は全て京急旧1000形。
横須賀線・今泉線では、特急(長距離)・急行(今泉線直通)・普通(短距離)と3種別の列車が運転されている。

その5でも解説しましたが、東都中央~蒼袋間はトラム軌道+単線な貧弱路線。
その為、特急と普通は蒼袋駅で折り返し、急行のみ東都中央まで直通しています。
また、東都中央はホーム有効長6両までという制約もあり、増発・増結上のネックになっています。

sim64-034.png

普通車の折り返し駅、川崎。


小田急車使用路線
羽生本線:東都北~二俣大野~美空が丘~澄田~遠野~今泉中央~羽生
快速急行(長距離8連)、急行(中距離8連)、各停(短距離6連)の3種別体制。
小田急だけに、ロマンスカーも走らせてみたいですが……今の所全て通勤型車両です。

sim64-035.png

3層構造の今泉中央駅。
3階→羽生本線急行折り返しホーム、2階→羽生本線ホーム、1階→京急今泉線ホーム
となっています。


東武車使用路線
西園寺線:二俣大野~西新井~新井~茜中央~西園寺
小椋支線:西新井~小椋(京急東線接続駅)
東武8000系の天下。西園寺線は東鉄外環線と直通運転。
各停準急はあるのに急行はまだない……
小椋支線は8000系2連1本が往復するだけの超ローカル線。ですが将来は東都方面への
新たなアクセス路線として化ける……らしい。

sim64-030.png

茜中央駅。西新井~西園寺間は現時点で複々線……なんという先行投資。


西武車使用路線
守谷線:東都口~守谷~新守谷
101系4連が細々と運行……現在は小路線ですが、西への延伸を模索中。

sim64-029.png

新守谷駅を発車する西武101系。2層構造の駅は将来の折り返し用?


相鉄車使用路線
園宮線:東都北~二俣大野~冬后~園宮
MAP北端なのでこれ以上延伸のしようがないですね( ´・ω・`)

東急車使用路線
渋波線:渋谷~東大石~石原~白井~ニコニコ市場~若田部~新岩波~岩波
白鐘線:東都東~元二見~白鐘~翠が丘~荏原~千束~新岩波
翠ヶ丘線:石原~翠が丘
MAP南側で勢力を誇る。未だ青ガエル5000系が主力で活躍。
沿線の街並みはかなり整ってきました。

sim64-032.png

東都外環線と交差する石原駅。
渋波線の急行は需要があるので、8000系6連に置き換えられました。
で、不要になった青ガエルは各停の増結用に転用……

その7時点の東都近郊路線図
map64-07x.png


SS集

sim64-031.png

東鉄南かえでヶ丘駅周辺。地上の東鉄本線と、地下を通る東都外環線が交差する。
街並みを壊さず、路線を作れる地下空間は嬉しい所。
しかし地上から見えないので、存在感が薄くなる(´・ω:;.:...

sim64-033.png

美空が丘駅周辺を地下の東都外環線メインで見る。外環線の普通車は当駅で折り返し。
※以上のSSは、地上・地下2枚のSSを合成加工したものです。


全体路線図
チョット見難くなってきましたね……
map64-07y.png



動画更新は一ヶ月間隔を目安に、次回その8は7月中旬投稿を予定しています。

では(  )ノシ
スポンサーサイト
    FC2ブログランキングに参加しています。
この記事のURL  |  東鉄開発日記  |  Comment(0)  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tr64simutrans.blog61.fc2.com/tb.php/11-f29d2c2e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | トップ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。