2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

-------- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    FC2ブログランキングに参加しています。
この記事のURL  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009-09-10 (Thu)

関西旅行記・JR編~大阪を訪ねて

090910_JRW-tamatukuri.jpg
電車がまいります(大阪環状線・玉造駅)

一眼レフを手にして以降、こういう構図が好きになりました。
ボケ味を生かせますし、「電車やっとキター」な雰囲気がイイ!

090910_JRW103-36.jpg
夕暮れの橋梁を渡る。(阪和線・浅香駅)

先日、残った18切符消化を兼ねて関西方面へ行ってまいりました。
そこで、JR編と私鉄編に分けて紹介したいと思います。

JR編:この記事
私鉄編:関西旅行記・私鉄編~京阪と阪急


【More・・・】

"ながら"から乗り継いで大阪へ向かう道すがら、ちょっと寄り道。

090910_JRW321-D6.jpg
関東とは一味違う、アーバンな通勤形電車(東海道線・山崎駅)
窓が大きく、前面展望は最高! ただ、ドア付近につり革が少ないのがちょっと……

ちなみに、画面左奥がかつての撮影名所"山崎カーブ"……柵が整備された今でも、何人か撮影している方を見かけました。

090910_JRW201-62.jpg
やっぱり201系はオレンジがお似合い(大阪環状線・福島駅)

東京では「真ん中通るは♪」の路線でお馴染みですが、こちらでは「まあるい」環状線に活躍の場を移しました。
車内はリニューアルが施され、東京のそれとはもはや別物。ですが、独特の「ブーーーーン」な走行音は健在。
長く活躍して欲しい所です。

090910_JRW221-NB.jpg
奈良方面から直通、大和路快速。

同じ"都会の環状線"でも、両数・ドア数・車種バラバラ、区間運転多数、快速運転有り、緩急接続・待避有りと、単純にループする山手線とは全く別の性格を持っています。そこが大阪環状線の興味深い所でもありますけれどね。

090910_JRW103-797.jpg
オレンジの車体に、夕日が映える。(大阪環状線・玉造駅)
本当はビル影が出る前に訪れたかったんですがね(´・ω・`) 

体感的にも、環状線の103系は減りましたね。まぁ、103系を置き換えたのは201系ですが……


もう一つの目的地、阪和線へ……

090910_JRW-tennouji.jpg
阪和線のターミナル・天王寺駅。

私鉄を起源に持つ阪和線。
天王寺駅は、JR(国鉄)らしからぬ懐かしい雰囲気。

0900910_JRW103-1.jpg
103系、健在。 スカイブルーに京浜東北系統のそれを思い出す。(阪和線・鶴ヶ丘駅)
何気なく撮ったのですが、側面の車番を見ると……

0900910_JRW103-2.jpg
( ゚д゚)!?
なんと、上の写真の編成は、103系トップナンバーとその続番(クハ103-1 クハ103-2)が入った編成でした。 撮れれば良いなぁ……と思ってただけに、これは嬉しい遭遇!

1964年生まれで御年45歳。
103系量産車の先陣をきって、山手線・京浜東北線で活躍、その後関西へやって来て、最後にたどり着いたのはこの阪和線。 何十万、否。何百万の人生を運んできたのか……


103系が主力で頑張るのは嬉しいけれど……性能面で劣る103系、優等列車の足を引っ張らないのだろうか? 阪和線のタイトな私鉄ダイヤを眺めて、ふと思いました。





関西旅行記・私鉄編~京阪と阪急につづく

では(  )ノシ
スポンサーサイト
    FC2ブログランキングに参加しています。
この記事のURL  |  撮影記  |  Comment(0)  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tr64simutrans.blog61.fc2.com/tb.php/153-2bb0bf05

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | トップ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。