2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

-------- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    FC2ブログランキングに参加しています。
この記事のURL  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008-09-07 (Sun)

東鉄開発日記その8.2

Simutrans東鉄開発日記その9までのつなぎに

新線建設


MAP内を東西に貫く幹線、東鉄本線。複々線区間も多く、線路容量は万全……と思いきや。

sim64-059.png
複線時代に恩田駅を複層高架で作った為、これを複々線対応に作り直すのが非常に面倒な作業になる……と目に見えていたので、複線のまま放置。その結果、特急急行・普通入り乱れての渋滞が発生。
また、恩田以西も天田線からの直通列車が入るにも関わらず複線なので、同様の渋滞が発生。

そこで、複々線区間の終わる大石駅から、海沿いを走るバイパス路線を建設する事にしました。

sim64-055.png
本線から分岐した新線は、海側へと進路を取る。
開削構造の新駅を、経路を変更した急行がゆく。

sim64-058.png
海沿いを通るので、文字通り湾岸線と命名。ついでにローカル線も建設。
また、従来恩田止まりだった天田線も、湾岸線接続駅まで延伸しました。
湾岸線には、東鉄本線からの急行と、天田線からの急行が乗り入れてきます。
やや複雑な配線となった、合流点のターミナル。

sim64-056.png
湾岸線内では、全ての列車が各駅に停車。
その為途中駅はチューズシグナルを設けた、いわゆる国鉄型の2面3線構造を採用し、列車が連続して入ってきても、空いているホームに進入、スムーズな続行運転を可能にしました。
湾岸線の新駅と、東鉄本線の在来駅との位置関係。

sim64-057.png
終点では東鉄本線と合流。従来の東鉄本線経由の急行と終着駅は同じなので、旅客流動の変化は思いのほか少なく済みました。

結果、東鉄本線の複線区間は急行が湾岸線経由に変更された分、本数が減少。
渋滞の発生も減りましたとさ、めでたしめでたし。



動画作成の方はボチボチ進行中です...
では(  )ノシ
スポンサーサイト
    FC2ブログランキングに参加しています。
この記事のURL  |  東鉄開発日記  |  Comment(3)  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

はじめまして、名古屋セットといいます。あなたの使っている、アドオン駅舎はどこで、公開されていますか。
名古屋セット |  2008年09月11日(木) 18:54 |  URL |  【コメント編集】

はじめまして。跨線橋等の駅舎アドオンは、以前日本語化・解説のアップローダーの方で公開されていた駅舎セット内の物を使用しています。7月初頭にアップされたので、現在は流れてしまったかと思われます。
TR.64 |  2008年09月12日(金) 18:06 |  URL |  【コメント編集】

そうなんですか。今は、アップローダーは画像ばっかでアドオンがありません。MAIL入れときます。
提案
いったん、SAVEデーターを公開して見たらどうですか。
あなたの動画楽しみにしてます。
名古屋セット |  2008年09月13日(土) 13:45 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tr64simutrans.blog61.fc2.com/tb.php/24-38bd86af

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | トップ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。