2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

-------- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    FC2ブログランキングに参加しています。
この記事のURL  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010-02-20 (Sat)

【京急】三浦海岸の河津桜と共に・・・

暦の上では春ですが、まだまだ寒い日も多い今日この頃。
早咲きで知られる河津桜が見ごろという事で、去る2月19日、撮影に赴きました。

100220_KQ-Miurakaigan-Sta.jpg
賑わいを見せる駅前

という訳で、やって来たのは三浦海岸。
京急が大々的に宣伝しているのを見て、釣られてやってきたという……

駅前に植えられた河津桜はちょうど満開。


桜まつりの会場は駅から線路沿いに15分ほどの所なので、早速向かいます。
同じ快特から降りた方はみな桜目当てなようで、会場までは人の波が……

100220_miura-sakura.jpg
桜まつり会場
ほどなく到着~
河津桜の他にも菜の花が咲きほこり、桃と黄の鮮やかなコントラストを魅せていました。

100220_KQ2100-2173F.jpg
春の中を駆ける京急!
会場の真横が線路なので、桜などと京急を絡めて撮ることも容易。
線路沿いには金網がバッチリ整備されていますが……orz

仕方ないので流して見たら、なかなかいい感じに写りました。

100220_KQ2100-2117F.jpg
河津桜を横目に、三崎口へのラストスパート

つづいて、会場の南端にある陸橋に移動→地図リンク
河津桜の咲き誇る線路沿いを見渡せる、文字通り"お立ち台"。
代わるがわるに人が訪れ、電車が通る度にシャッターを切っていました。
日中、特に午後の光線状態が良好です。

なお、写真奥に写っているもう一本の陸橋は、「幅が狭いので立ち止まりはご遠慮下さい」との事orz
こちらは幅が広く、車も殆ど通らないので大丈夫のようです。

【More・・・】

100220_KQ2100-2141F.jpg
引いてもう一枚。

100220_KQn1000-1073F.jpg

ちなみに、同じ陸橋の反対側は京急の撮影で有名なスポット。
単線で架線柱も片側のみ、スッキリ捉える事が出来ます。順光は午前中はやめ。
現在は工事中のようで、作業が行われていれば「上り接近で~す」のように列車接近を容易に知れて楽♪

もっとも、こちら側にカメラを向けているのは自分だけでしたが。
まぁ当然か(´・ω・`)
陸橋上も一本列車が通り過ぎると人が移動し、回転率(?)はかなり高め。

しばらくここで撮った後、近くの小松ヶ池ほとりに移動。

100220_komatsuga-ike.jpg
池の桜を、京急と共に
池のほとりに植えられている河津桜自体は少数で、もっぱら池の雰囲気と共に楽しむような感じでした。

100220_KQ_sakura_poster.jpg
おまけ:駅に貼られているポスター
この小松ヶ池から撮った写真は、宣伝ポスターにも使用されています。
ただ、やっぱりこれは「イメージ写真」ですな……過度な期待にはご注意を。
写真の魔力というものなのか。。。


三浦海岸の河津桜は今が見ごろ! 訪れてみてはいかがでしょうか?
……もちろん、京急でね。

では(  )ノシ


メモ
・人の流れがあるので、三浦海岸駅からの道は迷わない。
・三崎口駅からはアップダウンが激しく、近そうで遠い。
・線路沿いには出店が出ているが、特産物などのおみやげものがメイン。
・食料は駅前などであらかじめ買っておくと良い。
・三浦海岸・三崎口の両駅には「えきめんや」有。
・出店付近に簡易トイレ有。
・公衆トイレ(水洗)は小さいながらも小松が池への入口付近に有(この辺)
スポンサーサイト

タグ : 鉄道 京急 写真

    FC2ブログランキングに参加しています。
この記事のURL  |  撮影記  |  Comment(0)  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tr64simutrans.blog61.fc2.com/tb.php/247-ca186103

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | トップ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。