2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

-------- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    FC2ブログランキングに参加しています。
この記事のURL  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008-09-21 (Sun)

東鉄開発日記その9 【Simutrans】



Simutrans・Pak64版の東鉄開発日記その9です。
総仕上げのリニア建設。その他市内交通及び路線整備を行いました。
なお、今回を持ちまして動画・東鉄開発日記は一区切りとなります。


試乗路線解説 ※以下の画像は、クリック・拡大してご覧ください。

その9の動画でご覧いただいた区間を解説。

【More・・・】

●MAP南部の私鉄運転体系。

TTSmap.png

今回は、最初に岩波海望台から日向公園までを走破する急行へご乗車いただきました。
この区間は、ゲーム内時間で片道約10日(最高110km/h走行)かかります……
路線図は上の通りです。東鉄開発日記その8記事中の路線図と繋げる事もできますね。

MAP南部では主に東急車・西武車を用いた路線が走ってます。

sim64-060.png
渋波線・白鐘線の接続駅である新岩波。
ここで分かれた二路線は、東都渋谷で再び交差する事となる。

ちなみに、東都東~新岩波間は、東鉄開発日記その6動画にて乗車済みの区間。
その6記事中のSSと比べてみると、市街地に飲み込まれた様子が分かると思います。

sim64-061.png
動画中では華麗にスルーされた、荏原駅周辺。
本線系から追い出された青ガエルこと東急5000が、今も支線で活躍している。

sim64-062.png
以前動画でも紹介した、東都東駅。
東鉄本線が地下に潜った後、空いた土地が私鉄ターミナルに転用された。
二路線の合流と各駅停車の折り返しが行われている。

sim64-063.png
今回乗車した急行の終点、日向公園駅。ただでさえ平面交差があってカオスなのに、
動画キャプチャ後、少々配線をいじって待避設備まで新設してしまった。

ちなみに日向公園駅の列車通過本数(ゲーム内時間一ヶ月あたり)
画像右⇔左(日向公園⇔東都東方面) 36往復
内訳…10両編成急行…16往復 8両編成急行…10往復 4両編成各駅停車…10往復

画面下⇔左(日向公園⇔恩田方面) 22往復
内訳…8両編成飯能急行 4両編成各駅停車 11往復ずつ

こんな感じで、計58往復・116本が行き交う平面交差天国と化してます(´・ω・`)


sim64-064.png

海上にポツンと浮ぶ埋立地、鳴海島全景。

二路線のリニアが通り、内地へのアクセスも抜群! 現在は人口5000程。
南北に貫くリニアの方は、総延長220マスの路線を一編成が一ヶ月辺り9往復しています。
流石の速さ…と言ったところでしょうか。
建設資金もそれなりにかかるので、金余りが起こるゲーム後半にしか作れませんが…… (;^ω^)

●その他

東鉄の主要路線・東鉄本線路線図に、今回開業した湾岸線が加わりました。
※湾岸線開通は東鉄開発日記その8.2記事で紹介。
また、種別も新設。
Totetsu-honsen_map2.png

湾岸急行
従来の温水⇔(横浜経由)⇔前原間の急行の内、半分を湾岸線経由に変更したもの。
区間急行
温水⇔(横浜経由)⇔前原間の急行で、利用客が少ない3駅(新温水・東横浜・東北条)に停車するもの。
これら3駅に停車しない列車を急行とし、停車するものと区別した。

充当編成比率
湾岸急行急行区間急行=2:1:1

一ヶ月辺りの運転本数
湾岸急行:14本
急行:11本
区間急行:10本

急行3種別の平均乗車率は10~20%程で、まだまだ余裕があります。
また、特急・普通も同じくらいの乗車率を推移しているので、旅客輸送は良い感じです。

その9時点のMAP全景(サテライト) 各都市名も表示させました。
map09-1.pngmap09-2.png


以上で解説は終了。

今後の開発日記の方針


簡潔に箇条書きで。
・ニコニコ動画への"東鉄開発日記"動画投稿は、その9で終了。
・今後は当ブログにて月1~2回程度の記事で更新予定。SS多用。動画中のコメントも参考に。
・新たな"自作アドオン"の公開は続く…予定。
・開発を進めた後"東鉄開発日記・番外編(仮称)"を、ニコニコ動画へ投稿するかもしれません。
・新しい開発日記については、未定。


動画にする程のネタではないのですが、細かく弄りたいポイント、開発したい所は多々あるので、
しばらく開発日記は当ブログで続けます。動画編集作業の煩雑さに比べれば、こちらの方が楽なので……

セーブデータの公開の件ですが、いましばらくお待ち下さい。
上記のようにまだ開発したい所も多いので……番外編投稿(または開発終了)後の公開になるかと思います。早くても年明け以降かと……忙しいので。

最後に、ニコニコ動画で、また当ブログにて、これまでの東鉄開発日記をご覧くださいました皆様。
本当に、ありがとうございました。今後ともよろしくおねがいします。

今後の当ブログですが、上記の開発日記記事の他、カメラで撮影した鉄道写真も溜まってきたので、
撮影地紹介的な感じで記事にしていきたいと思います。


では(  )ノシ







●チラシの裏
動画作成時に使用したツール、PCその他の裏話のメモ。
これから動画投稿したいという方、開発日記製作環境が知りたい方などは、参考にどうぞ。

//以下チラシの裏


・環境
画面サイズ:1024×768(ノートPC)
CPU:Sempron 3000+ 1.8GHz
OS:win XP
メモリ:512MB
HDD:50GB
動画キャプチャ:ゲーム画面用「なんちゃって動画」キャプチャーTool
BMP形式のSSのPNG一括変換:最適BMPtoPNG(100.0からはPNG出力となったので不必要)
動画編集:Windows ムービーメーカー
動画作成補助:AVI2JPG (主に動画クリッピングに使用)
路線図などの画像作成・編集:Pixia、MSペイント
動画変換(エンコード):aviutl
Simutrans使用バージョン:99.17.1 
Pak64 Japan.pak+α
マップ番号 5592 マップサイズ 512*256

PCはノートタイプを使用。ご覧のようにスペックはあまり高くありませんorz
一応デスクトップ機もあるのですが、調子が悪いので使ってないのが現状。
使用ソフトは全てPCに最初から入ってるもの、またはフリーソフトです。

動画キャプチャはスペックの低いPCには辛い所、なので比較的動作の軽いものを使用。
概ね200ミリ秒間隔でキャプチャし、ムービーメーカーでカクカクにならない(秒30コマ)よう倍速処理…なんという。
ムービーメーカーはちょっと安定感が足りない……よく落ちます。
この方法だと、動画画質はあまりよろしくない仕上がりなんですが、そこは割り切ってます...

動画の変換(エンコード)はaviutlを使用。ニコニコ動画wikiの変換手順を参考に。
以前はflv形式に変換していましたが、mp4(H.264)変換の方が変換速度も速い上高品質なのでオススメです。

・その他事象

毎回の動画冒頭のは、おなじみのSimutransメインテーマです。以前耳コピしたものをピアノ音でmidi演奏させたものです。

MAP内の都市名は、人名・地名などから適当に採っています。
恩田(おんだ)、五十鈴(いすず)、渚(なぎさ)、鳴海(なるみ)、浪越(なお)辺りが個人的な良都市名。
もちろん他の都市名も気に入ってますよ...

最近の動画で使用したBGM


//ここまでチラシの裏

スポンサーサイト
    FC2ブログランキングに参加しています。
この記事のURL  |  東鉄開発日記  |  Comment(0)  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tr64simutrans.blog61.fc2.com/tb.php/26-86771b07

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | トップ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。