2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

-------- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    FC2ブログランキングに参加しています。
この記事のURL  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010-04-29 (Thu)

エアポート快特・京急蒲田通過! に反発の声・・・

直通先のダイヤ改正発表から一週間余り。4月も終わりを迎える今になっても、未だにダイヤ改正の公式発表がない京急。これに関して、今日の朝刊に興味深い記事が掲載されました。

「蒲田飛ばすな」 京急が品川―羽田直通案(東京新聞 2010-4-29)

どうやら、エアポート快特の京急蒲田通過案について、地元から反発が出ているようで。
未だ発表がないのはもしかして……?

【More・・・】

記事によると、高架化事業費のうち200億円を大田区が負担したにも関わらず、現状京急蒲田駅に停車しているエアポート快特が同駅通過になる事が、この反発を招いたとの事。


う~ん……
個人的には、ここまで騒ぎ立てて猛反発をする必要性はない気がします。

高架化の大きな目的は、開かずの踏切解消による交通の円滑化や地域分断の解消な訳で、単純に高架化しただけでも区側には既に大きなメリットとなっている筈。
そして、今回の改正では空港線内を悩ませてきた4連特急が殆ど消滅し、空港線内は都心・横浜方面を問わずに8両編成での運転が主となる様子。

確かに京急蒲田と羽田空港間相互の利用者にとっては若干速達性が落ちるでしょうが、代わりに急行は8両編成・毎時6本の運転がほぼ確約されますし、一応の救済は成されていると言える筈。
京急蒲田~都心方面も、現行通り10分毎の本線快特が利用できるでしょうし、現状も本線快特との続行運転に近い状態のエアポート快特が通過した所で、デメリットはあまり感じられません。


「京急蒲田通過!」という言葉だけに過剰反応をしてしまったのでしょうか……
もっと広い視野で物事を考えてほしいものです(´・ω・`)

では(  )ノシ
スポンサーサイト

タグ : 京急

    FC2ブログランキングに参加しています。
この記事のURL  |  京急なニュース  |  Comment(3)  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

確かに エアポート快特の京急蒲田駅通過だけでこんな大騒ぎする必要は無いと僕も思います。昔、青物横丁駅が特急列車通過駅だったのが都議会議員の物言いによって停車駅にしてしまったと言うエピソードがありましたが、その再来なんでしょうか?
サトたん |  2010年04月30日(金) 03:30 |  URL |  【コメント編集】

通常なら、民間企業なのでご意見拝領いたしましたがと無視を決め込むことも可能です。
しかし、蒲田の場合は補助金をもらっているので話が非常にややこしくなっています。さらに都内の工事であるのに神奈川県、横浜市、川崎市からも蒲田駅改良事業の補助が出ています。
かつての追浜、汐入通過で横須賀市が騒ぎましたが、結局は4両普通を分割することでお茶を濁しましたが、これは補助金が絡まないからできたのでは。
スポンサーはある意味偉大です。。。
門外漢 |  2010年04月30日(金) 20:43 |  URL |  【コメント編集】

>サトたんさん
「地元からの~」という点では似た案件ですが、青物横丁の方は「"都"の路線に乗り入れる列車(特急)なら、各区から乗車機会を設けろ」という考え方に基づく要望だったのでしょうし、蒲田の件とは別物と考えて良いように思います。

>門外漢さん
京急としては、品川口と横浜口、それぞれから羽田へ向かう流動を出来れば分離したいんでしょうねぇ。横浜方面は線形上通過が難しいので、品川方面を・・・と考えたのか。
一度停車させたモノを通過させるだけでも難しい所、補助金云々で言われるとやっぱり弱いんでしょうね。。。
TR.64 |  2010年04月30日(金) 23:44 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tr64simutrans.blog61.fc2.com/tb.php/276-db678fd8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | トップ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。