2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

-------- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    FC2ブログランキングに参加しています。
この記事のURL  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012-06-07 (Thu)

横浜市営地下鉄に急行? ダイヤを考えてみる。

市営地下鉄ブルーラインに「急行」、14年度運行目指す(神奈川新聞)

>横浜市交通局が市営地下鉄ブルーラインへの「急行」や「快速」運転の導入を本格的に検討することが4日、分かった。2012、13年度中に進め、14年度中の運行開始を目指す。(中略) 導入を検討しているのはブルーラインの全線。湘南台(藤沢市)―あざみ野(横浜市青葉区)で各駅停車では1時間7分かかるが、急行や快速の導入で12分間ほどの短縮を見込む。



まさかの横浜市営地下鉄ブルーラインに急行運転開始計画。寝耳に水とはこの事ですね・・・
現状は全列車各駅停車、これに急行が入るとどうなるのか。
幾つか予想してみました。

イメージ1
Y_subway_1.png

急行停車駅は「乗換駅」「乗降多数」なものをチョイス。
ここでの予想停車駅:あざみ野~(各駅)~新羽、新横浜、片倉町、横浜、桜木町、関内、蒔田、弘明寺、上大岡、上永谷、戸塚、踊場、立場、湘南台

全線で12分ほどの時間短縮という事で、通過駅はそこそこ多いと思われます。

現在のダイヤが「各駅停車のみ毎時8本」なので、本数を増やさず急行(赤線)を入れてみました。
先の記事でも触れられているように、ブルーラインでは待避できるような駅が新羽、上永谷の二駅しかありません(引上げ線などは他駅にもありますが・・・)そこで、あざみ野側を各停として急行運転は新羽からとし、新羽折返しで急行通過駅を補完する列車を設定。緩急接続は上永谷のみで行います。

メリット
・各駅時刻がパターン化して分かりやすい

デメリット
・あざみ野側の運転本数が現状より減る(8本→6本)

この案だと分かりやすいんですが、あざみ野側の本数が減ってしまうのが難点。



イメージ2
Y_subway_2.png

そこで、あざみ野側の本数を毎時7本確保してみました。

メリット
・本数がそこそこ確保できる。

デメリット
・運転間隔が複雑化して発車時刻がわかりにくい
・急行が綺麗な30分間隔ではない。

毎時、全線通しの急行2本、各停5本。新羽~湘南台/踊場が各1本ずつ。
これくらい本数があればよいのでは、と思いますが、如何せんパターンが60分サイクル。各駅の時刻や列車間隔が複雑・・・。


待避設備の新設・増強などが行えればダイヤの自由度はかなり上がると思いますが、記事でも触れられているように「財政状況は厳しい」市営地下鉄。また、急行が設定された分、補完する各停もどれだけ設定されるか・・・現状の運転本数からそこまでの増便は見こめず、通過駅は減便となる可能性も高いと思われます。

果たして、どのような形の「急行運転」となるのか・・・
2014年度を待つ事にしましょう。

では(  )ノシ
スポンサーサイト

タグ : 鉄道

    FC2ブログランキングに参加しています。
この記事のURL  |  鉄道  |  Comment(0)  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tr64simutrans.blog61.fc2.com/tb.php/420-7419efa7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | トップ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。