2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

-------- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    FC2ブログランキングに参加しています。
この記事のURL  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016-03-19 (Sat)

路線バス「ミニ」乗り継ぎの旅、栃木~茨城県境越え編

ローカル路線バス乗り継ぎの旅。
昨今、若干注目を集めるようになりました、テレビ東京の番組が有名ですね(映画もみました)。

ですが、前述の番組を観れば察せられるように、運行本数の少なさと不明瞭感の否めない案内。
ややハードルが高い感は否めません。

そこで今回は、自分が以前乗車したルートを紹介・解説してみようと思います。
参考となれば幸いです。



路線バス「ミニ」乗り継ぎの旅~首都圏近郊ルート編

【More・・・】

今回は「烏山線」の「烏山」からスタートし、バスを乗り継いで「水郡線」の「常陸大宮」へ向かいます。

栃木県・宇都宮駅から烏山線に乗り、烏山へ。

160319_bus_21.jpg
この路線は東北線から直通しており、最近は「アキュム」と呼ばれる蓄電池車両が走っています。

160319_bus_22.jpg
烏山駅。

160319_bus_23.jpg
駅前には封鎖されたバス車庫が。
数年前に撤退したJRバスのもの。近年ローカル路線バスを取り巻く環境は厳しいです。

160319_bus_1.jpg
バス停。

ここから「那須烏山市営バス」に乗車。

160319_bus_4.jpg
長閑な道をドライブ。

160319_bus_3.jpg
しかしお客さんは・・・自分一人。
学生が居ない時間帯だと空荷の事も多いらしい。マイカー全盛期には辛い。

160319_bus_7.jpg
今回乗った市営バス(いすゞのジャーニーK)
気さくな運転手さん曰く「茨交がやってた路線を引き継いだ当時から走ってるよ。これで開業式典やったから」との事。
元々は茨城交通が運行しており、平成7年頃に転換されたそう。

160319_bus_5.jpg
バス後ろ側。

160319_bus_6.jpg
関栃市交第7号
白ナンバーのバス。

160319_bus_8.jpg
行き先表示は「サボ」。
「(行先交換する所を撮っても)おもしろくないよ?」 と苦笑されながら、撮る。

160319_bus_9.jpg
高部車庫。市営バスはここまで。
ここからは茨城交通へ乗り継ぎになります。なぜか茨城交通とバス停名が違うので注意

160319_bus_10.jpg
高部の街並み。古い建物が結構残っており、興味深い。
乗り継ぎ時間で散策するのもヨシ。


160319_bus_11.jpg
茨城交通・高部車庫。
こじんまりとした佇まい。

160319_bus_12.jpg
バスの本数は・・・

160319_bus_14.jpg
ここから「茨城交通バス」に乗車。
やや狭い道、対向車も慣れた様子で交わしていく

160319_bus_24.jpg
やはりお客さんは・・・自分一人。

運転手さん曰く「別のバス(市民向け?)が走っているので、こちらのバスには乗らない。でもこの路線がないと、その別のバスへの補助金が・・・」
複雑な事情の上で運行しているらしい。

160319_bus_13.jpg
最近は少なくなった「行き先表示が幕式」
裏側から覗ける仕掛けが素敵。

160319_bus_15.jpg
「対向のバスとすれ違う」為、バス停で少々停車。しかし中々こない・・・
運転手さん曰く「よくある」そうで。
見切り発車して少し進むと、反対方向のバスの姿。
やはり誰も乗ってないのが寂しい。

160319_bus_16.jpg
「対向とのすれ違い」が必要だった理由。確かにこれは対向車が来たら・・・

160319_bus_25.jpg
広い道の方が割合的には多いのですが、このように改良途中だったり・・・

160319_bus_26.jpg
車幅ギリギリの道を通ったり。
乗ってる側からしたら飽きないんですが、運転する側からしたら神経を使いそう。

そんなこんなで市街地へ降りてきました。

160319_bus_17.jpg
主要道を逸れたかと思うと、病院へ。
駐車場のゲートを開けて場内へ入る姿は中々面白い。でも病院では誰も乗ってこず。

160319_bus_18.jpg
そして終点「大宮駅前」に到着。
結局、乗客は途中で一人乗ってきただけでした。

160319_bus_19.jpg
車庫へ回送されていく。
このバスは元々都内で走っていた「住宅地の道が狭いバス路線」向けの車両だそうで。
ここでは「ローカル路線向けの小型バス」として重宝してるようでした。

160319_bus_20.jpg
常陸大宮駅。
駅名とバス停名が違うのもよくあること。

ここからは水郡線で水戸へ抜ければ、都心へ帰るのに便利です。
自分は逆方向に乗って白河廻りで帰りましたが(苦笑)



以上。


最後に、ここで使用したルート・時刻表について載せておきます。
バス路線は平日と休日で運行本数が大幅に異なる場合が多いですが、このルートは「平日・土休日、同じ接続が使える」ため、比較的お手軽です。

Google Map 烏山駅~常陸大宮駅

・モデルルート
※平日・土休日共通

◆宇都宮10:03発→JR烏山線【烏山行き】→烏山10:57着
運賃:580円
(※Suica・PASMOは烏山線では利用不可)

◆烏山駅前11:10発→那須烏山市営バス【高部車庫行き】→高部車庫11:42着
運賃:700円 元旦運休
ICカード使用不可。車内で回数券発売あり)

※市営バスと茨城交通バスで「高部車庫」バス停の場所が違うので、乗り継ぎ時注意。上記MAP参照

◆高部車庫12:20発→茨城交通バス【白谷経由大宮駅前行き】→大宮駅前13:07着
運賃:900円
ICカードは茨城交通の「いばっピ」のみ使用可、車内発売は無く事前準備が必要)

◆常陸大宮13:15/13:30発→水郡線【水戸行き】→水戸13:48/14:06着
運賃:500円
(※Suica・PASMOは簡易型端末ながら利用可)


※注意
写真や記事は2015年9月訪問時のものです。
モデルルートは2016年3月時点確認済のものです。今後のダイヤ改正・路線改変等で使えなくなる場合があります
自己責任でお願い致します。

関連リンク集:
茨城交通・経路運賃検索
烏山高部線(那須烏山市)
スポンサーサイト

テーマ : 旅行、旅、ドライブ - ジャンル : 旅行

タグ : バス

    FC2ブログランキングに参加しています。
この記事のURL  |  その他  |  Comment(1)  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

しーさいどさんの旅行記は記述が詳細なことに加えて私が関東以外の地方に住んでいること、普通なら見ない視点で書かれていることもあって非常に読んでいてためになります。文才もおありでプロブロガーになれるのではと思いうらやましい限りです。
Kazumi Saitoh |  2017年01月07日(土) 22:36 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tr64simutrans.blog61.fc2.com/tb.php/463-e6a7b960

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | トップ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。