2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

-------- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    FC2ブログランキングに参加しています。
この記事のURL  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009-02-10 (Tue)

2009.2.14 京急ダイヤ改正まとめ

来たる2月14日、京急線及びその直通先で一斉にダイヤ改正が行われます。
今回はその改正内容を京急を中心にまとめてみました。
090210_KQpos.jpg

2009.2.14・京急ダイヤ改正~要点
1.早朝、深夜の羽田空港方面輸送の充実が主。
2.その他は全体的に小規模な改正。
3.ダイヤ改正に合わせてATS(自動列車停止装置)更新を実施、高機能ATS(C-ATS)運用開始。

【More・・・】

☆主な改正内容(報道発表より)

●早朝……羽田空港発着列車・接続列車の拡充
既存列車の運転区間延長と完全な新設列車によって、空港アクセスが便利に。
横浜~仲木戸間を除けば、始発の"一本後発"列車の整備と言えます。
なお、横浜より南の各駅には関係ありません。

【羽田→都心】
改正前525HX/普通蒲田 羽田空港5:27→京急蒲田5:36(普通品川行に連絡、品川5:53着)
改正後577H/急行品川 羽田空港5:27→5:36京急蒲田5:37→品川5:47着
【都心→羽田】
改正前:設定なし (現状の最速は品川5:02→蒲田乗換→羽田空港5:26)
改正後522A/快特羽田空港 品川5:15→京急蒲田→羽田空港5:29
【横浜→羽田】
改正前527H/普通印旛日本医大 品川5:30発~
改正後:527H/特急印旛日本医大 横浜5:04→5:08神奈川新町(接続)5:08→京急蒲田5:18→品川5:27~

●夜間……久里浜線の利便性向上【平日】
・三崎口20:25発と20:45発の特急京急久里浜行き(久里浜で品川行き連絡)を、快特品川行きに一本化。
今まで京急久里浜で行っていた車両交換を中止して、直通化するもの。
YRP(横須賀リサーチパーク)向けの対策?

●深夜……羽田空港発着列車の拡充
既存列車の運転区間延長での対応、実質的な増発。
平日深夜下りの品川止まり延長は、同時に都営線内→京急線内直通の増発にも繋がっている。

上り【平日】
改正前:2313T/普通蒲田 羽田空港23:30→京急蒲田23:40(普通品川行に連絡、品川23:58着)
改正後:2311T/急行品川 羽田空港23:30→23:40京急蒲田23:41→品川23:51着
改正前:2345H/普通蒲田 羽田空港23:49→京急蒲田23:58(普通品川行に連絡、品川0:15着)
改正後:2345H/急行品川 羽田空港23:49→23:58京急蒲田23:59→品川0:10着

下り【平日】→北総線~品川と蒲田~羽田空港の2本の列車を一本化
改正前1:2250H/急行品川 印西牧の原発~押上23:34→品川23:50着
改正前2:2444H/普通羽田空港 京急蒲田0:06→羽田空港0:15着
改正後:2276H/急行羽田空港 印西牧の原発~押上23:34→23:50品川23:52→羽田空港0:15着

※この列車は、品川を4分前に出た普通平和島で追いつきながらも、京急蒲田で再び追いつかれ、先に発車されるという、なんとも興味深いダイヤ。

上り【土休日】
改正前:2377H/普通蒲田 羽田空港23:38→京急蒲田23:48(普通品川行に連絡、品川0:15着)
改正後:2353H/急行品川 羽田空港23:38→23:48京急蒲田23:49→品川23:59着

★報道発表以外での変更点ピックアップ

●都営線から定期での京急川崎行き列車復活(2276H)
かつての急行川崎行きを思わせる列車。京急車で運転されますが……
現在の【品川始発、羽田空港からの特急久里浜行き接続、特急京急川崎行き】を、【高砂始発】に変更したもので、代わりに現在【高砂始発で高砂~品川まで同じダイヤ】の急行が、品川始発になるようです。

●平日朝下りの600T(1T)特急三崎口行、遅延を考慮したダイヤ変更か。
北総の末端・印旛日本医大から三崎口まで直通する上、通勤通学時間帯に被る事から、2~3分以上の遅延が常態化しているこの列車。
今回の改正で停車時間の余裕が見直され、京浜間では遅延している状態を平常化した格好となりました。
全体でみれば、堀ノ内での停車時間3分が1分未満になる代わりに、泉岳寺の停車時間が1分未満から2分に増えるなど、各駅での停車時間を最適化したようです。
これに伴い、前後の普通車にも時刻・待避駅の変更が見られます。

●平日夕方上り、1793H/特急【印旛日本医大】行が【泉岳寺】行に変更
夕暮れ時に蒲田以南では異彩を放つやたら長い行き先・印旛日本医大行きが一本減少。
……と、見かけ上ではそれだけの変化ですが、関係して多くの運用変更が見られます。

改正前:久里浜17:50→18:52泉岳寺18:53→19:58印旛日本医大20:32→21:07高砂→久里浜22:47着
改正後:久里浜17:51→18:52泉岳寺~西馬込~高砂20:28→久里浜22:08着

説明すれば、現在この列車の折り返しになっている久里浜行き(22:47久里浜着)は高砂始発になり、高砂止まりの列車の折り返しを充てる。すると、今までその列車の折り返しだった列車に、別の列車が充てる必要が出てきて(以下省略

結論として、この運用変更の影響で、他にも行き先変更などが発生している模様。
・三崎口19:56発の1927T/快特【青砥】行が、【高砂】行に変更。
・三崎口18:55発の1885H/快特【青砥】行が、【高砂】行に変更。
 └→先の1793Hに代わって、折り返し高砂始発久里浜行(22:47終着)に。
・久里浜17:21発の1787H/快特【押上】行が、【青砥】行に変更。
・この一連の影響で、京成線内で存在した急行三崎口行が消滅。

しかし、この一連の行き先・運用変更の目的って一体なんなんでしょうか ( ´・ω・`)
●その他
京急電車時刻表が350円→300円に値下げされました。


090210_C-ATS_limit.jpg
今回の改正は全体的に見れば小規模なもの。それよりもC-ATSの運用開始の方が大きな出来事ですね。
現行の一号型ATSは、約40年の使命を終える事になる訳です。お疲れ様でした。
沿線にもC-ATS関連の速度標識が見られるようになって、準備万端といった印象ですが(右に参考画像)果たしてC-ATSの実力や如何に!?

※C-ATS参考資料
右の信号機は金沢八景駅上り本線の出発信号機。
[35]と書かれた標識が、副本線分岐への出発信号(?)と入換信号に取り付けてあるのが分かる。
C-ATS使用開始後は"この先速度制限35km/h有、それ以上で速度照査にかかる恐れ有"という事を表すものと思われる。多分……ね。
同じような標識が最近京急線内各所に出現した。


では(  )ノシ


参考資料:京急電車時刻表
参考リンク:C-ATSの解説~京急公式サイト
スポンサーサイト
    FC2ブログランキングに参加しています。
この記事のURL  |  京急ダイヤ関連  |  Comment(2)  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

自分はまだ時刻表買ってないので、解説ページがあるとありがたいです。
今回、結構ちまちまと変えてますね。

01Tはもう遅れを正常としてとらえるんですね。
でも、それによって横須賀付近の駅では列車の間隔が15分以上も空いてしまう現象も起こるんだとか。

2276Hもすごいことやってますね。
あとで追い付くのに退避する普通車が惨めに思えてきたり。


C-ATS導入によって、どう変わっていくんでしょうかね・・・。
よく話題になる品川の留置線方面の入信のシール。
25km/hって相当ヤバい気がします。
あれのこと、自分は『ここから制限のパターンが開始する』と解釈しています。

先行導入された区間では、終端駅に対しての進入速度は速くなったようですね。
C-ATSの表示も気になりますね。指示速度が緑だったり橙だったり。


長文失礼しました。


YRPがYAPになってますよ。
めたる |  2009年02月10日(火) 21:38 |  URL |  【コメント編集】

>YAP
"Yokosuka Adventure Park"になっちゃってましたね(汗

時刻表自体は値下がりした割に中身はあんまり変わってませんでしたね。
むしろ新町・平和島が着発時間表記になったり詳細化しました。
唯一、連絡時刻表からJR線が消えたのが(´・ω・`)
TR.64 |  2009年02月11日(水) 00:59 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tr64simutrans.blog61.fc2.com/tb.php/63-e194c65f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | トップ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。