2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

-------- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    FC2ブログランキングに参加しています。
この記事のURL  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008-06-12 (Thu)

東鉄開発日記その6 新型車両再び


Simutrans・Pak64版の東鉄開発日記その6です。

既存路線の高規格化(改良)及びニュータウン開発の続きです。

東鉄線動向


◇天田線高規格化

MAP内北西の街々を結び、東鉄本線に続く輸送量を誇る天田線。
しかし、現在の全線単線/非電化では輸送力不足で積み残し発生……
そこで、複線化を始めとした高規格化を行う事としました。

現状→高規格化
全線単線非電化→全線複線電化
最高速度95km/h→最高速度120km/h
最長4両編成:普通のみ→急行6連/普通:4連

電化に伴い、在来気動車の電車への置き換えを実施。
投入する車両は2種類です。

・H1500形 6連
その4で投入したH1000形に続く初音車輛製造シリーズ第2弾。
H1000形の反省を生かして高性能化/輸送力増強を図った通勤形電車です。
詳しい解説はアドオン公開と合わせて後の機会に譲ります。。
天田線全線通し運転の急行用車両。

・113系 4連
言わずと知れた国鉄型電車で、区間運用の普通列車用。
車両は東鉄本線(温水~東都東)で使用されていたものの転属。

華やかな電化の一方、在来の気動車が大量に失職。
その数72両……売ってしまうのもナンなので各線へ転属。
天田線→転属先(岩原線/葦原線/東鉄本線末端/勅使線/北条線末端)

sim64-024.png

天田線から岩原線への転属風景
長編成にされた気動車が東鉄本線を回送中。

岩原線複線化

こちらは非電化のまま、前原~古畑間の複線化・増発を実施。
増発用の車両は天田線からやって来た新型気動車群です。

sim64-025.png

前原駅郊外
複線化された岩原線と、留置される大量の気動車群。
結局これだけ余りましたorz 使い道は果たして……

ニュータウン開発 2



先ず北条南部に、京急系の郊外路線を新設。
東都南部に2路線。東急系の車両を用いた新線とニュータウンを建設。
前回の反省から、線路両側に均等に市域が広がるよう調整しました。

sim64-027.png

初期の都市建設時、線路を境界線代わりに用いて初期市域を調整。
地平に複線以上の線路があると、市域はそこを越えられない事を応用しました。
※単線や斜め直線の場合、市域はそこを乗り越えていく場合があるようです。
この線路は後で関係者がおいしく撤去しました……

その他
信号所の格上げ 赤坂駅(東都東~北条) 西大石駅(恩田~大石)
東鉄本線の運転体系変更(次回紹介)

SS集※画像をクリック・拡大して見てください。



sim64-026.png

今回の動画で試乗した区間の南端・新岩波駅周辺。
東都から別ルートを通り南進してきた2路線が合流する。
車庫と検車区も併設され、運用から帰った車両が休息のひととき。


sim64-023.png

電化された天田線を疾走する急行と待避する普通列車。信号所から格上げされた五十鈴(いすず)駅周辺。
急行に使用されるH1500形は、初音ブルーに白帯が程よいアクセントになっている。
普通列車の113系は、動画その2から在籍する東鉄本線からやってきた古参車。


map64-06.png

その6時点の東都周辺路線図
使用している私鉄車両別に路線分けを行っています。


では(  )ノシ
スポンサーサイト
    FC2ブログランキングに参加しています。
この記事のURL  |  東鉄開発日記  |  Comment(0)  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tr64simutrans.blog61.fc2.com/tb.php/8-1980ef3e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | トップ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。